柏市で肩こり腰痛を根本改善するなら整体院の宮本ケアセンターへ!

宮本ケアセンター


腰を捻じるストレッチや首や腰をバキバキ鳴らしてはいけない理由

腰はバキバキ鳴らすようには出来ていない

腰を捻じるストレッチ イメージ写真背骨の腰の部分は、その上下の骨と縦の関係となる関節を構成しています。しかも、椎間板は捻じれるような構造はしていません。その結果、腰は前後への曲げ伸ばししか出来ないようになっています。

このような構造であるにもかかわらず、骨盤を止めたまま腰を捻じると、関節に相当の負担がかかります。しかも背骨の腰の部分は、その重心と回転軸が異なりますので、椎間板に捻じれる応力がかかります。その結果、椎間板が破れてヘルニアになるリスクが高まります。

しかも、腰をバキバキ鳴らすような動きをすると、椎間板に一気にこのような応力がかかるため、よりそのリスクを高めます。そして、「バキバキ」という音は、関節内の圧力が急激に低下したことによって出来た気泡が破裂する音です。この破裂には莫大なエネルギーが発生し、それによって関節が破壊されます。

首をバキバキ鳴らすのは命にかかわる

これは首の骨も同様で、さらに首の骨には、「椎骨動脈」という脳へ血液を送る動脈が通っています。バキバキ鳴らすような動きをすると、ゴム管のような血管が一気に引き伸ばされるため、切れる可能性があります。これは、細長いゴム風船をいきなり引き伸ばすと切れてしまうことを思い出すと分かり易いと思います。つまり、死に至る可能性があるということです。

わかっちゃいるけど・・・バキバキ鳴らすとなぜ気持ちいい?

しかしながら、腰や首にコリや違和感がある方は、バキバキ鳴らす方が多いです。それは鳴らすと

「コリや違和感がなくなった気がするし、気持ちがいいから」

では、なぜこのような感じになるのでしょうか?

脳は身体が危険にさらされていることをコリ感や違和感として伝えていますが、バキバキ鳴らすと前述のような危険性がありますから、それから生命を守るために、今まで伝えていたコリ感や違和感よりも優先してバキバキ鳴らしたことによる危険を知らせます。その結果、今まで感じていたコリ感や違和感が消えるような感じがするのです。そしてそれが落ち着くと、再びコリ感や違和感として伝え始めます。

わかりやすいように、少し極端な例えをします。仮に眠れないほど歯の痛みがあったとしましょう。その治療のために歯科に向かっている途中で交通事故に遭って、物が太ももに刺さったとします。すると、しばらくの間は事故で動転してたり太ももに物が刺さった痛みで、今まであった歯の痛みは忘れてしまうでしょう。それが落ち着くと、再び歯の痛みを感じることになるでしょう。

このように、今まであったコリ感や違和感を消してまで、今起こった危険な状態を知らせているのです。バキバキ鳴らすのは、それほど危険な行為なのです。


まとめ

腰を捻じるストレッチや、首や腰をバキバキ鳴らすことは、関節や椎間板を破壊するとともに、特に首においては重要な血管を切って死に至る可能性がありますので、絶対にやめましょう。

宮本ケアセンターには、このような結果、重篤な症状になった方が多数来院されます。そのような原因をつきとめて、何が起こっているかをきちんと説明した上で施術をしていきます。だから改善できるのです。
柏市でここまで説明する整体は当院のみです。
お身体のことでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。


宮本ケアセンターのご案内

住      所:
〒277-0081
千葉県柏市富里1-1-1 M&Rビル2F
アクセス:
JR常磐線・東武アーバンライン柏駅 徒歩11分
お問い合わせ・ご予約
04-7164-0598
営業時間:
平日 9:00~12:00/15:00~21:00
土曜日 9:00~12:00/14:00~18:00
定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ