柏市で肩こり腰痛を根本改善するなら整体院の宮本ケアセンターへ!

宮本ケアセンター


スポーツパーソナルトレーニング講座(SPT)

一流アスリートと二流アスリートとの違いは?

一流アスリートと二流アスリートとの違いは何だと思いますか?

ほとんどの方が「センス」とか「運動能力」などと考えているのではないでしょうか。
しかし、一流アスリートはどんなスポーツをやらせても一流です。そこにはセンスやその競技特有の運動能力は関係ありません。

一流アスリートと二流アスリートとの違いは、運動能力以前の「身体能力の違い」にあるのです。


身体能力とは?

身体能力とは、かみ砕いて言うと、

「身体の各部位を自分の思い通りに動かせる能力」

と言えます。
特に、背骨・肋骨・骨盤が自由に動かせる能力です。つまり、体幹を自由に使える能力です。
例えば、

背骨の一つ一つを意識的に動かすことができますか?
肋骨の一つ一つを意識的に動かすことができますか?
肋骨を左右別々に動かすことはできますか?
骨盤を左右別々に動かすことはできますか?

一流アスリートは、これが当然のようにできるのです。しかも無意識にです。ですから彼らは「天才」と呼ばれるのです。
彼らは立ち方・歩き方から次元が違います。そして、体幹が自由に動かせることで、体幹をフルに活用して競技が出来るため、パフォーマンスは高く、ケガも少なくなるのです。


そのために必要になる視点が、①身体が動物化していること②重力に適応していること、です。

スポーツ医学の誤り

現代のスポーツ医学は、ケガをすることが前提になっています。しかも、ケガをした箇所しか診ず、そのケガの影響、特に長期的にどこにどう影響するかを考えることはありません。

一つ例を出しますと、メジャーリーガーの大谷選手。
2018年7月現在、彼は右肘のケガによって投手として練習はしておらず試合でも登板していません。
実は、その右肘はそれ以前に、右足首の捻挫が影響しています。
というのも、身体の構造、特に筋肉の連帯を考えると、右足首のケガは右肩にそして肘を含めた右腕に大きく影響してきます。ましてや、捻挫という骨格の問題ですから、その影響はダイレクトに出てきます。
右足首のケガの影響を考えれば、右肘への影響は当然のこととして予想がつくものです。しかし身体全体を診ることがなかったため右肘を故障したというわけです。

重要なのは、ケガをしないこと。そのためには、背骨・肋骨・骨盤が自由に動かせるようになることです。背骨・肋骨・骨盤が自由に動かせれば、ケガをする状況になっても、自然に身体がそれを往なしてケガを防ぐのです。

大谷選手は元々、無意識にこれが出来ていました。しかしプロ野球選手になって誤ったトレーニングをした結果、あのような事態になってしまったのです。


徹底的に身体を開発

スポーツパーソナルトレーニング講座での観点

スポーツパーソナルトレーニング講座は、「地球で行う」という観点で実施します。これには2つの要素があります。

①脊椎動物であること
人間は、魚類→両生類→爬虫類→哺乳類→人類へと進化してきました。それぞれが生きる上で必要となるのは、

・摩擦
・捻転運動(波動運動)

です。
魚類は、水との摩擦と横を中心としたらせん状の捻転運動をしています。それが魚が泳いでいる姿です。
両生類は、水と空気との摩擦と横を中心としたらせん状の捻転運動をしています。それが両生類が移動するときの姿です。
爬虫類は、空気との摩擦と横を中心としたらせん状の捻転運動をしています。それが爬虫類が移動する時の姿です。
哺乳類は、空気との摩擦と縦を中心としたらせん状の捻転運動をしています。それが哺乳類が移動する時の姿です。
そして人間は、哺乳類の中の四つ足動物が立ち上がりました。直立二足歩行になった結果、縦と回旋を組み合わせたらせん状の捻転運動をします。

ただし人間以外の動物は、服は着ておらず、捕食のために移動をしているので、生きて行く中で摩擦と捻転運動が売られるため、特別何かを行うことは不要です。唯一人間だけが、服を着ており、移動手段として歩くことが少なくなったことから、摩擦と捻転運動が不足しています。

そこでこのスポーツパーソナルトレーニング講座では、擦ることを始めとしたトレーニングにより、この2つを得ていきます。従いまして、スポーツを「人間が行う特別なこと」として特別視することなく、「身体を動物化」させていくことになります。


②重力への対応
地球上に存在する生き物はすべて、強く重力の影響を受けています。そして「生きる」ということは、この重力に抵抗し適応することを意味しています。そして、人間もある意味「モノ」ですから、地球上に素直に「モノ」として存在することが必要になります。例えて言うなら、体重50kgの人は地球から50kgの抗力を受けなければならないということです。
ほとんどの人は、地球上に立ってはいますが、カカトに力を入れて踏ん張って立っています。その結果、例えば体重は50kgであっても、実際に受ける抗力は50kgに満たないということになります。「モノ」として存在するということは、全身脱力しても立っていられる、ということです。骨格のみで立っているということです。


先程も述べましたように、一流アスリートは、身体を動物化させて重力に適応しているので、体幹が自由に使えるようになるのです。

身体を徹底的に開発

当院で行っているスポーツパーソナルトレーニング講座では、身体を動物化して重力に適応できるようにするとともに、背骨・肋骨・骨盤が自由に動かせるようにトレーニングすることはもちろん、さらには肩甲骨も自由に動かせるようにして、身体を徹底的に開発していきます。
これによってあなたは、

  • ケガをしない身体ができる
  • スポーツのパフォーマンスが上がる
  • 一流アスリートの立ち方、歩き方が実感でき、それが身に付く
  • 本当の脱力(リラックス)が出来るようになる
  • 正しいトレーニングの仕方が身に付く
  • 本当の立甲が身に付く
  • 一流アスリートと同じ感覚で立ち、歩くことが出来るようになる

などのメリットを得ることが出来ます。

整体によって身体を整えた上でこのトレーニングを行えば、より効率よく効果を発揮します。
そのため、柏市および柏市以外の近隣地域や遠方からも受講する方が多くいます。

詳しくは当院にお尋ねください。




宮本ケアセンターのご案内

住      所:
〒277-0081
千葉県柏市富里1-1-1 M&Rビル2F
アクセス:
JR常磐線・東武アーバンライン柏駅 徒歩11分
お問い合わせ・ご予約
04-7164-0598
営業時間:
平日 9:00~12:00/15:00~21:00
土曜日 9:00~12:00/14:00~18:00
定休日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ